Season Cocktail

福島県は桃の栽培面積・生産量とも全国第2位という一大生産地。中でも、桃の名産地として全国的に有名なのが伊達市。福島県内で最も早く桃の栽培を始めた地で、現在に至るまで桃の品質・味の評価はすこぶる高く、皇室にも毎年献上されています。
伊達市で栽培されている代表的な桃が「あかつき」。福島県生まれの品種で、同県では最も生産量が多い桃でもあります。伊達産の「あかつき」は美しい紅色の外観で、食べる前から桃特有の甘美な香りをたっぷり発しています。皮をむくだけで果汁が滴り落ちるほどたっぷりの果汁を含んでおり、濃厚な果肉のコクと甘みは一度食べると忘れられません。まさに“ロイヤルピーチ”という名にふさわしい極上の桃です。

“ブドウの王様”と讃えられる「巨峰」。
美しい黒紫色をした大粒の外観、格調高い味と香りはまさに〝王様“と呼ばれるのにふさわしいブドウです。
「巨峰」は日本原産のブドウであり、今では国内で最も多く栽培されているブドウの代表品種です。「巨峰」という名前は作出された伊豆の農学研究所から見える雄大な富士山にちなんで付けられたそうです。
「巨峰」の名産地として有名なのが長野県。長野県は「巨峰」の栽培面積・生産高ともに全国第1位という一大生産地です。旬の時期に出荷される「巨峰」は糖度18%以上で濃厚な甘みが特徴。房にびっしりとついている実は、まるで宝石のように黒光りしています。皮と果肉の食感も絶妙で、一粒ほおばれば口の中でするりと皮が外れ、果肉からは極上の果汁があふれ出します。芳醇な香りと味には心も体も癒されます。

緑色をした超大玉のマンゴーを見たことがありますか?「沖縄キーツマンゴー」は珍しいグリーンの果皮で重さが1kgにもなるセンセーショナルなマンゴーです。しかも「沖縄キーツマンゴー」は沖縄のマンゴー生産量のうちわずか5%しか生産されず、収穫時期も短いので“幻のマンゴー”ともいわれています。「沖縄キーツマンゴー」が食べられるのは8月中旬から9月中旬頃まで。外観はグリーンですが、果肉は美しいオレンジ色で糖度は20度にもなります。果肉はしっかりした食感があり、アップルマンゴーと比べ野性味あふれる味と濃厚なコクがあります。見た目だけでなく、味わいも一度食べたら忘れられないマンゴーです。