“幻の洋梨”と呼ばれる「ルレクチェ」。エレガントなシルエットと芳醇な甘い香りから“西洋梨の貴婦人”とも呼ばれています。

「ルレクチェ」は、明治36年にフランスから新潟県に導入された西洋梨。栽培が難しいうえに生産量が少なく、しかも収穫時期が限られている極めて希少な西洋梨です。

「ルレクチェ」は収穫後約40日間寝かせる“追熟”という手間をかけることで、芳醇な香りを放ち、舌の上でとろけるような甘いフルーツへ変化します。また、追熟の期間に果皮が緑色から鮮やかなブライトイエローに変化する独特な特徴があります、

新潟県の「ルレクチェ」は信濃川の豊かな水と肥沃な土壌、そして高度な栽培技術によって全国一の品質を誇ります。

カクテルでは旬の「ルレクチェ」を贅沢にシャンパンとあわせ、クリスマスにはぴったりの“洋梨のシャンパン・カクテル”で提供しています。

数ある品種の西洋梨の中でも「ルレクチェ」は果汁が多く、濃厚な甘みはシャンパンの繊細な酸味に非常に良くあいます。また、「ルレクチェ」の上品な香りはシャンパンのフルーティーさと見事に調和してくれます。

一口飲んでみれば「ルレクチェ」特有の上品な香りとクリーミーな味わいが口いっぱいに広がります。

デコレーションには「文旦」の皮と甘皮を使い、冬のホワイトカラーを象徴する“白いバラ”イメージしています。クリスマスの時季に恋人たちにぜひ味わっていただきたい新潟県「ルレクチェ」のシャンパン・カクテルです!

西洋梨は特に女性に好まれるフルーツ。実際、女性の美容・健康には最適のフルーツです。「ルレクチェ」に豊富に含まれている食物繊維は和梨の2倍も多く含まれています。食物繊維は腸内を活性化し便秘を改善、美肌に効果的です。また、「ルレクチェ」にはフラバノールや アントシアニンなどのポリフェノールも含まれているため、がん予防にも効果が期待できます。

注目すべきは「アルブチン」という成分。アルブチンとは美白化粧品によく使われている成分で、メラニン色素の合成を阻害し、肌を白く美しく保つ美白効果があるそうです。

まさに「ルレクチェ」は女子力アップにふさわしい冬のフルーツです。


 

夕刊フジでの連載記事はコチラ!