山形県が全国、そして海外にも誇る高級フルーツ「さくらんぼ」。なかでも『佐藤錦』はいまや「さくらんぼ」の代名詞ともなった最高品種。山形県東根市の農家、佐藤栄助氏が16年もの歳月をかけ生み出しました。

『佐藤錦』の旬は一年でわずか6月中旬以降の2週間のみ。初夏だけにしか味わうことができない貴重なフルーツです。そのわずか2週間のために1年がかりで『佐藤錦』の栽培は行われています。鮮やかなルビー色に輝く果実、手にとってみればまるで人間の素肌のようなみずみずしい質感がします。一粒口に入れると、小さい果実からは想像ができないほど果汁がほとばしり、上品で奥深い甘み、やさしく繊細な酸味は多くの人を驚嘆させます。生きた赤い宝石の異名を持つ『佐藤錦』はまさにフルーツの芸術品です。

カクテルでは旬の『佐藤錦』を相性の良いクランベリージュースとウォッカであわせ、『佐藤錦』の果肉がたっぷり入っている贅沢なロングカクテルで提供しています。新鮮な『佐藤錦』をチェリーストレーナー(さくらんぼの種取り器)で種を取り、ボストン・シェーカーの中に入れペストル(すりこぎ棒)でつぶすことによって『佐藤錦』のジューシーな果肉感がしっかり味わえるようにしています。

『佐藤錦』とクランベリーの相性は抜群で、甘酸っぱい味と果肉が口いっぱいに広がります。隠し味で少量入れているフランス、ディジョン産のカシスリキュールも『佐藤錦』にさらに豊かなコクを与えています。グラスの淵に飾っているデコレーションはレモンの皮とライムの皮、そして果実を使い“樹上で真っ赤に実っている佐藤錦”をイメージしています。初夏のフルーツでは一番人気のフルーツカクテルです。

初夏だけの高級フルーツとして有名な『佐藤錦』はハート型の見た目が非常に愛らしく、特に女性には人気のフルーツですが、実は美容・健康にも最適なフルーツです。特に鉄分の含有量は他のフルーツと比べて群をぬいており、多くの女性が悩んでいる貧血や、冷え性に効果があります。また、豊富に含まれているカリウムは塩分(ナトリウム)を排除する作用や、体内の水分バランスを整え利尿作用があり、むくみの解消、腎臓病や高血圧の予防に効果があります。しかもアンチエイジング効果の高いアントシアニン、フラボノイドはこのカクテルを構成している『佐藤錦』、クランベリー、カシスにそれぞれたっぷり入っています。まさに女子力アップの初夏限定フルーツカクテルです!

 

 

夕刊フジでの連載記事はコチラ!

 

 



*フルーツカクテルはノンアルコールカクテルとしてご提供できます。