宮崎県が全国に誇る高級フルーツ、宮崎完熟マンゴー。なかでも「太陽のタマゴ」はいまや完熟マンゴーの代名詞ともなった最高品種です。

宮崎県産「太陽のたまご」

きょう4月13日に解禁された「太陽のタマゴ」は宮崎県産完熟マンゴーの中でもわずか1割ほど。宮崎県産完熟マンゴーの中で「太陽のタマゴ」とブランド認定されるものは、糖度15度以上、重さ350g以上、表皮の3分の2以上が赤味を帯びていること、という厳しい選果基準をクリアしたものだけです。

宮崎県産マンゴーは樹上で熟し、自然に落果したもののみをネット袋で受け止めて収穫するのが特徴。このネット袋を使う宮崎県独自の収穫方法は最もおいしい樹上完熟の状態で収穫できるメリットがあります。

今年、3月23日に宮崎県内のマンゴー農園を視察した時には、すでに見事に赤く色づいたマンゴーがハウスいっぱいに実っていました。驚いたのは、視察した時にはマンゴーはまだネット袋に入れられていなかったこと。完熟手前でネットにいれてしまうとネットの跡がマンゴーについてしまうそうで、自然落下する直前にネット袋にいれるそうです。またマンゴーひとつひとつ丁寧にヒモで吊るされており、太陽の光が十分に当たるように完熟まで何度も吊り直しが行われます。吊り直しの作業だけでも大変なのに、温度管理、土壌管理、水分調整、葉の選定など、宮崎完熟マンゴーの栽培はまさに芸術品を育てているようでした。

丹精込めて作られた「太陽のタマゴ」は、まるで太陽の化身のように美しい紅色の果実が特徴です。

手にとってみれば人間の素肌のようなみずみずしく、やわらかな質感は生命力と生産者の愛情が感じられます。

甘く官能的な香り、ナイフでカットすれば驚くほど果汁が滴り落ちます。そして「太陽のタマゴ」の濃厚でとろけるような食感、一度食べたら忘れられない芳醇でトロピカルな味はまさに究極のマンゴーです。

カクテルでは「太陽のタマゴ」を相性の良い白ワインと清見オレンジとともにあわせ、ワインクーラーというカクテルをアレンジして提供しています。ワインクーラーというカクテルはワインとオレンジジュースにクラッシュドアイスを入れた、フルーティーなカクテル。

通常のオレンジジュースを清見オレンジの搾りたてジュースに代え、「太陽のタマゴ」を加えれば、完熟マンゴーの果肉がたっぷり入った贅沢なワインクーラーの完成です。

一口飲んでみれば「太陽のタマゴ」のとろけるような甘い果肉と、清見オレンジのさわやかな酸味が口いっぱいに広がります。「太陽のタマゴ」の芳醇でトロピカルな香りと清見オレンジの柑橘系の香りもベストマッチです。宮崎県が誇る完熟マンゴー 「太陽のタマゴ」をぜひカクテルで味わってみてください。

最高級マンゴーとして有名な「太陽のタマゴ」は豊富なビタミンを含み、美容・健康には最適なフルーツです。特にβカロテン(ビタミンA)はフルーツの中でもトップクラスで、その量は桃の実の約100倍以上になります。ベーターカロテンは体内でビタミンAに変わり皮膚や粘膜、消化器官などを正常に保つ働きがあります。高血圧の予防をはじめ、がん予防やアンチエイジングにも効果があるといわれます。また、疲労回復、高血圧に効果が期待できるビタミンEはぶどうの約18倍も含まれています。清見オレンジにたっぷり入っているビタミンCとの組み合わせで美容・健康にはぴったりの「太陽のタマゴ」のカクテル。まさに女子力アップのフルーツカクテルです。


  夕刊フジでの記事はコチラ!

ご協力いただきました宮崎県庁宮崎県東京事務所JA宮崎経済連みやPEC推進機構、生産者の皆様、ありがとうございます!



*フルーツカクテルはノンアルコールカクテルとしてご提供できます。