『ゆず』は中国が原産の柑橘フルーツで、飛鳥・奈良時代にはすでに日本に伝来していました。日本では冬至の日に「ゆず湯」に入るという風習もあり、日本の伝統的な生活習慣に密着した柑橘フルーツです。高知県は日本一の『ゆず』の産地で、なかでも『枯木ゆず』とは樹齢100年以上の大変貴重な柚子の木のこと。その『枯木ゆず』を丁寧に手搾りした果汁は味も香りも絶品です。

カクテルでは生姜とあわせ“冬”スタイルのモスコー・ミュールで提供しています。寒いこの時季、風邪予防にはぴったりのフルーツ・カクテルです。『枯木ゆず』の格調高い味と香り、そして生姜のスパイシーさが、気分も体調もリフレッシュさせてくれます。

『ゆず』は柑橘類の中でもトップクラスのビタミンCを含んでおり、特に『ゆず』の皮に含まれているビタミンCにはコラーゲンを生成する働きがあります。しかも二日酔いにも効果的! 生姜は体を温め、免疫力も強化してくれます。この時季、男性にも女性にもオススメのフルーツ・カクテルです。

 

夕刊フジでの連載記事はコチラ!