長崎県が全国に誇る黄金色のフルーツ「びわ」。その長崎県の「びわ」の代表格といえば春に旬を迎える「茂木びわ」です。江戸時代に中国から種がもたらされ、茂木地区で栽培が始まったためこの名がつきました。

「茂木びわ」の果実はデリケートで気象条件に大きく影響を受けるため、生産者の手でひとつひとつ袋がけされ大切に育てられています。ふっくらとした黄金色の果実、果肉はみずみずしく上品な甘さが特徴で、初夏の味覚の高級フルーツとして根強い人気があります。長崎県は日本の最西端に位置し、海に囲まれた温暖な気候の土地は「びわ」の栽培に絶好な環境であるため、日本最大の「びわ」の産地となっています。

カクテルでは新鮮な「茂木びわ」をナイフで縦半分にカットし、種と皮を手早くとり、丁寧にペストル(すりこぎ棒)でつぶします。そこに同じく春が旬である「清美オレンジ」と白ワインを加え、「茂木びわ」の果肉がたっぷり入ったワインクーラーで提供しています。「茂木びわ」のとろけるような食感、みずみずしい上品な甘さはワインクーラーをよりいっそうフルーティーにしてくれます。なかなか食べる機会が少ない「びわ」ですが、カクテルにするとおいしく召し上がることができますよ!

「びわ」はβカロテンやβクリプトキサンチンが多く含まれているのが特徴です。これらは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜、消化器官などを正常に保つ働きがあります。高血圧の予防をはじめ、がん予防やアンチエイジングにも効果があるといわれます。また「びわ」にはポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」も含まれています。クロロゲン酸は、がん予防やウイルス疾病予防(インフルエンザ予防)に効果があると期待されています。

 


夕刊フジでの連載記事はコチラ!

 



*フルーツカクテルはノンアルコールカクテルとしてご提供できます。