カクテルにするには難しいフルーツ「梨」

秋の訪れを感じさせてくれる梨。梨といえば千葉県船橋市から登場したゆるキャラ“ふなっしー”を思い出してしまうほど、船橋市をようする千葉県は梨の栽培面積・収穫量・産出額ともに全国第1位を誇ります。千葉県は三方を海に囲まれた温暖な気候、そして水はけの良い火山灰土壌が梨栽培の好適地になっています。また大消費地である首都圏に近いため、樹上完熟した新鮮な梨をいち早く消費者に届けることができるのも千葉県産の梨の人気となっています。

中でも初秋に旬を迎える「豊水梨」は幸水梨と並んで人気の品種。「豊水梨」は豊水という名の通り、幸水梨よりもさらに果汁が多く、ほどよい酸味がある濃厚な味わいが特長です。やわらかい果肉からあふれ出す、甘くみずみずしい果汁は夏の疲れを癒してくれる至福のフルーツです。

梨はシャリっとした果肉を生で食べてみてこそ旨味を味わうことができ、食感がないジュースやピューレにすると味が淡泊になってしまうのでカクテルにするには難しいフルーツです。

ポイントは「豊水梨」の持つ旨味や甘みをしっかり味わうことができるようにジンとトニックウォーターを加えてピューレを作ること。「豊水梨」とジン、トニックウォーターの相性は抜群で、「豊水梨」が持つ香りと味をさらに引き出してくれます。またピューレとピューレを濾したジュースをあわせてカクテルを作るのも大事なポイントです。梨のみずみずしい甘さと特有のフルーティーな香りが口いっぱいに広がります。

グラスはロマンチックなサンセットをイメージしました。グラスの外側に螺旋状に付いているグラニュー糖は初秋の天の川をイメージしています。さっぱりとした食前酒に、ヘルシーな食後のデザートカクテルとしてぜひ「豊水梨」のカクテルを味わってみてください。

梨は夏の疲れを癒すにはぴったりのフルーツ。梨は約90%が水分であるため残暑の水分補給や熱中症の予防にも最適です。しかも豊富に含まれているアスパラギン酸は新陳代謝を活発にして疲労回復に効果があります。

梨を食べた時に感じるザラッとした食感は石細胞と呼ばれるもので、便通を良くし美肌に効果的。しかも石細胞は発がん性物質を吸着し、大腸がん予防に有効だそうです。

また梨のみずみずしい上品な甘さはソルビトールという成分で整腸作用があり、血糖値を抑えて糖尿病予防に効果的であることがわかってきました。腸内環境を整え美容にも効果的な梨は女性には見逃せないフルーツです。

 

 

夕刊フジでの連載記事はコチラ!